UberEats配達員/ブロガー/たくやONLINE

収録前~大将ホタコンコメント~

たくやONLINEとの出会いは、FOOD&BAR SALOONだった。

バイトリーダーの野田くんが、今日は一件、打合せがあります。
と、行きつけのBARに2人で向かった。

たくやさんは、何やら怪しい段ボールで作った自由研究的創作物を用意して待っていた。

お互いに自己紹介的挨拶をすると間髪を入れずにたくやさんが切り出した。

ウーバーイーツの配達員は、義務付けられている訳ではないけれど、公式の配達用バッグを担いで自転車で配達していることが多い。
自転車で料理を配達するので、振動や傾きに配慮している。
担ぐ際の負担を減らすために自転車にバッグを固定したいが揺れや振動に対応できる商材はないか?無ければ製作できないか?

自由研究的段ボール作品は、その試作品を卓也さんなりに表現した創作物だったのだ。因みに、タクヤさんの横には、自転車屋さんが同席して、彼の本気度は既に十分なほど伝わってきた。

その時は、タクヤONLINEの描く構想を実現できそうな板金工場を紹介することで大枠の話は纏まった。後日、ホタコンが金属加工が得意で新しいモノづくりに積極的に関わってくれそうな工場の社長を紹介することになった。
たくやさんの自宅で、UberEats配達員が抱える課題と求められるアイテムについてプレゼンが行われた。

商品開発として答えを出そうとしたけれど、課題解決は簡単にはいかなかった。
企画は難航して座礁に乗り上げた。

しばらくして、InstagramやFacebookで大将ホタコンは、意外なプロジェクトが進行していることに気づく。

CarryOn である。

UberEats配達員のたくやONLINEと、機械工具商社ノダキの社長、野田典嗣(イザカヤホタコンバイトリーダー)、ネジ商社のメイナン馬場社長、自動車部品メーカー宝和化学の落合徹哉が中心となって、ウーバーイーツ配達員の働き方改革を進めていたのだ。GODGARLICメンバーではないか!
この働きかけは正にBCMC/Broadcast multi-combineである。流石、野田くん。

たくやONLINEは、オンラインサロンも始めて、精力的に活動している。
収録前にしてワクワクが止まらない。

https://www.youtube.com/channel/UCjDNSqfe7z2LGI7tqreQUkg

収録後~収録現場の様子~

IZAKAYAHOTACONの収録は、日本酒の4合瓶を大将ホタコンとゲストで飲み切るから面白い。
先日、ホタコンが新栄を歩いていた時に、たくやONLINEが偶然通りかかったことがある。その時、たくやさんがべろんべろんに酔っ払っていたので、今回の収録でもたくやさんとお酒が飲めるものだと思っていた大将ホタコンは期待を込めて確認した。

ホタコン『たくやさん、今日はお酒飲めますか?』
たくやONLINE『いや、今日は原付で来たので(NG)』

原付。。。

自転車で颯爽と走る姿がカッコいいUberEats配達員たくやONLINEなのだから、ここは自転車で来て欲しかった。
今日はお酒飲めないことに対するツッコミも忘れてしまうほどの回答にペースが乱れる。

それでも、たくやさんの話は面白い。UberEatsの話をしていても返ってくる答えがちょっとずつ予想を裏切る。
変化球が得意な方だ。収録中、思い出したように、UberEatsバッグを取りに行くたくやさん。
このバッグが名刺代わりです!と言い切ったけれど、控室に忘れてたなんて。。。(笑)

後半に向けて、たくやさんがUberEatsを始める前のことに話題が変わると、職種や住まいを転々と変えながら生きてきた卓也さんの生き方が見えてくる。聞けば聞くほど、発見がある。いい意味で期待を裏切る。

収録が終わって、まだまだ話したりなかったみたいなたくやONLINEさん。
これからも、新しいことにチャレンジし続けるんだろうな。
一緒にやりましょう!オンラインサロンやCarryOn。もっともっと!!

配信開始~UberEats配達員/ブロガーたくやONLINE~

UberEatsはコロナ禍による社会構造の変化も相まって、急激に需要が増えている。利用する人が増えて、配達員も増えて来ているが、大将ホタコンは、UberEatsで注文したことが未だない。

何で?UberEatsが社会に求められている理由は気になる。だから、UberEats配達員のたくやONLINEに話を聞くことはその何で?に対する一通りの回答が詰まっている。

この回では、UberEatsが何なのか。という問いかけだけに留まらない。
卓也さんの生き様にも触れることが出来た。
生活の拠点を転々と変える人生。
50代になっても新たな挑戦を続ける精神とバイタリティー。
この生き方は魅力だ。

大将ホタコンは思った。
たくやONLINEが運ぶものに未来をたくそう!

ブログ たくやオンライン@UberEats名古屋

オンラインサロン『Uber Eats KARANO?』